2009年03月04日 バリアフリーの改修による減税について

一定の居住者が、自己の住居の用に供する家屋について一定のバリアフリー改修工事を行った場合に、その工事費用の額と、当該工事に係る標準的な工事費用相当のいずれか少ない金額(上限:200万円)の10%が、その年分の所得税額から控除されます。